マンションは保険料が安いのでフルカバーで火災保険に加入する価値が大きいです。

マンションでも火災保険は必要?

マンションで必要な保険とは

マンションは、管理組合が建物に関する保険に加入しています。
住民(区分所有者)は専有部分のみで火災保険に加入することになります。

 

木造住宅に比べて、鉄筋(鉄骨)コンクリート造は耐火性に優れています。
火災で大きな損害が発生する可能性は戸建て住宅より低いですが、マンションの場合は火災保険料が安くなるので、火災リスク以外の補償を含めて火災保険に加入しておくと安心です。

 

 

マンションは燃え移る可能性が高い

マンションは集合住宅の特性上、他の家からの出火で燃え移るリスクが高いです。
火元が自分の家でなくても失火法によって、専有部分の損害は自分の火災保険で対応するルールになっています。

 

火災以外にも、水濡れによるリスクは他の家の水道設備が故障したときにも被害を受ける可能性があります。
水については、マンションの2階以上であればリスクが低いです。
風災は破損・汚損、盗難などのリスクは戸建て住宅と大きな違いはありません。

 

 

火災保険は火災以外も幅広く補償

火災保険は加入内容に応じて以下の損害も補償されます。

 

  • 火災リスク…火災、落雷で家電が故障した、爆発など
  • 風災リスク…台風でガラスが割れた
  • 水災リスク…洪水などで浸水した
  • 日常災害リスク…盗難・建物外部からの物体の落下、飛来、衝突等・水濡れ・騒擾、労働争議に伴う破壊行為
  • 破損、汚損リスク…子供がボール遊びで窓ガラスを割った、テレビを倒した、家具移動で壁や床を傷つけた
  • 鍵開け特約…鍵をなくして業者を呼んだ
  • 水道修理特約…水道設備の故障で業者を呼んだ
  • 個人賠償責任特約…日常生活における不慮の事故の加害者になった時の賠償補償

 

このように、火災保険は、日常生活で起こり得る様々なリスクを補償しています。
マンションは保険料が安いのでフルカバーで火災保険に加入する価値が大きいです。
マンションは戸建てに比べて家財保険の加入率が高いです。

 

 

マンションに必要な保険金

マンションの建物に関する補償は以下のものが含まれています。

 

  • 水回りの設備(キッチン、お風呂、トレイ、洗面所)
  • 建付け家具 (クローゼット、靴箱など)

 

マンションを改修する工事代金の相場は地域によって異なりますが、70平米のファミリータイプの場合、マンションの専有部分に関する工事費用は600~1,000万円ほどです。
別途、家族構成に応じて家財保険に加入しましょう。

 

家財保険は、ちょっとした失火や破損、汚損など小さな損害が出ることが多く、マンションでも保険請求できる場面はたくさんあります。
地震保険をつけず、家財を100~300万円の最低限の内容にすれば保険料の相場は10年で10万円以下です。

 

 

地震保険は必要

マンションの場合火災保険は必要

マンションは管理組合で地震保険に加入しているので、居住者は専有部分のみの補償をします。
全壊で建て替えが必要になった場合は、専有部分の設備を地震保険か実費で対応しないといけません。

 

ただし、地震保険は損害が出れば無条件で補償されるのではなく、 罹災証明書に記載される建物の被害状況に応じて支払われます。
地震の揺れで家財に被害が出ても、建物が無傷だった地震保険は請求できません。
マンションは耐久性が高いので、全壊や半壊を認定されるのが困難です。

 

保険請求できる確率は低いですが、リスクが低い分だけ保険料は戸建てよりも安く設定されています。
保険料に対しての必要性で見れば、マンションも戸建ても大きな違いはありません。

 

地震保険の上乗せは必要?

TOPへ